川島基ピアノリサイタル

2012年に完全帰国するまでの約14年間に及ぶドイツでの生活の中で、
その演奏を称して<黄金の手を持つピアニスト>(西ドイツ新聞)と絶賛された川島基が、
満を持して、ショパンプログラムをお贈りします!!

ベートーヴェンの「テンペスト」もお楽しみに!

みなさまのご来場を心よりお待ちしております!

■プログラム■
J.S バッハ : 「パルティータ  第1番 変ロ長調」BWV825
ベートーヴェン:「ピアノ・ソナタ 第17番 二短調」op 31-2“テンペスト”
ショパン:「プレリュード 嬰ハ短調」op.45
ショパン:「バラード 第2番 へ長調」op.38
ショパン:「4つのマズルカ 第10-13番」op.17
ショパン:「アンダンテ・スピアナートと華麗な大ポロネーズ 変ホ長調」op.22

■開演■ 2023年1月10日(火)19時
・・・開場18時30分

■全席自由■限定発売140席  一般3500円 学生2000円
※コロナ感染症対策として、ホール定員250席のところ限定140席での販売となります。

■チケット発売開始■ 9月26日(月)10時
■チケット取り扱い■
●川島基ピアノリサイタル実行委員会用チケット購入サイト→https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=68657&(Confetti[カンフェティ]に移動します)
●カンフェティチケットセンター   tel:0120-240-540 (平日10時~18時)
≪電話予約の注意事項≫
・払込票番号を予約時にお伝えしますのでメモをご用意ください。
・お電話でのご予約の場合、会員登録は不要です。※カンフェティポイントは付きません。
・予約有効期間内に、払込票番号をお近くのセブン-イレブンのレジまでお持ちください。
≪WEB予約の注意事項≫
・ご予約前に、お得な公演チケットサイト「カンフェティ」への会員登録(無料)が必要となります。
・セブン-イレブンへの発券手数料がかかります。
≪その他≫
・他公演のチケット購入にも使える、共通ポイントがたまります(購入価格の1%)。
・ポイントは、次回公演や他公演でご利用頂けます。またnanacoギフトに交換することができます。
・チケットを購入しますと、1枚毎に、途上国の子どもたちに「BCGワクチン1人分」が寄付されます。
・チケットを購入しますと、託児サービスをご利用いただけます。
詳しくはカンフェティ・ウェブをご参照ください。→http://confetti-web.com/

会場:五反田文化センター 03-3492-2451
東京都品川区西五反田6-5-1

https://shinagawa-gotanda-planetarium.com/access/
JR山手線「五反田」駅下車 徒歩15分
東急池上線「大崎広小路」駅下車 徒歩10分
東急目黒線「不動前」駅下車 徒歩7分

近道→
JR「五反田」駅西口改札口を出て右へ。
大通り(桜田通り)に出たら左へ。
山手通りとの交差点(西五反田1丁目)を右(大崎郵便局方面)へ。
最初の横断歩道を渡って、城南信用金庫本店側の脇道へ。
城南信用金庫本店を右に見ながら、道なりにまっすぐ進む。
右に第2TOCビル、左にTOCビルがあり、
その先に首都高速目黒線の高架下の大通りに出ます。
この大通りの横断歩道を渡って、反対側の坂を上ると
五反田文化センターが入っている建物が目の前に。
建物に沿って、少し右へ坂を下ると、建物の玄関へ。
この玄関を入って、右へ。
階段を下りた地下1階に、
五反田文化センター音楽ホールがあります。

主催:川島基リサイタル実行委員会
※川島基リサイタル実行委員会でもチケットのお申し込みを受け付けております。
ご希望の方は、kawashima-ticket@atelier-canon.jp までお申し込みください。

当日の連絡先(制作協力):カノン工房  TEL:050-5580-8663(平日11時~17時/留守録対応)

【プロフィール】
“Der Pianist mit den goldenen Handen”
(黄金の手を持つピアニスト)
Westdeutsche Allgemeine Zeitung(西ドイツ新聞)

川島基 ピアニスト
岡山生まれ。10歳より本格的にピアノと作曲を始める。
東京音楽大学ピアノ演奏家コース首席卒業、第65回日本音楽コンクールピアノ部門第3位入賞、 同大学大学院首席修了後、ローム・ミュージックファンデーション奨学生として ドイツ国立ワイマール“フランツ・リスト”音楽大学大学院に留学、 更に文化庁新進芸術家海外研修生としてベルリン芸術大学大学院で学び Konzertexamen課程修了、ドイツ国家演奏家資格取得。

■ 第10回シューベルト国際ピアノコンクール(ドイツ・ドルトムント)優勝
■ スクリャービン国際ピアノコンクール優勝
■ マルサラ市国際ピアノコンクール最高位(1位なしの2位)
■ アリシア・デ・ラローチャ国際コンクール第2位
■ アルトゥール・シュナーベル国際ピアノコンクール第2位
■ サン・マリノ共和国国際ピアノコンクール第3位
■ ジュリアーノ・ペカール賞国際ピアノコンクール最高位(1位なしの2位)
■ ブゾーニ国際ピアノコンクール・ディプロマ賞

2007年よりドイツ・ベルリンにて演奏家ヴィザを取得、本格的な演奏活動を開始。
ヨーロッパ各地でのリサイタルやオーケストラとのコンサート、国際音楽祭など、 年間約40公演に及ぶコンサートやリサイタルに出演。 また日本でも『ラ・フォル・ジュルネ音楽祭 “熱狂の日”』、 『東京・春・音楽祭』、『ピアニスツ』シリーズ (トッパン・ホール)などに出演。

これまでに、ベルリン交響楽団(Berliner Symphoniker)、ベルリン・ホーエンフェルス交響楽団、ドルトムント管弦楽団、イエナフィルハーモニー管弦楽団、ホフ交響楽団、グロッセート交響楽団、ルーマニア国立バカウ交響楽団、広島交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、東京音楽大学オーケストラ、カレッジオペラハウス管弦楽団、カンマーフィルハーモニーHiroshima、 岡山フィルハーモニック管弦楽団と共演。
岡山芸術文化賞グランプリ、マルセン文化賞受賞。

東京音楽大学ピアノ科准教授。
http://www.motoi-kawashima.com/

街に、アーツを呼ぼう。『劇場プロジェクト』<2001年版/過去の企画例としてご紹介>

街に、アーツを呼ぼう。
『劇場プロジェクト』

個人商店からできるメセナ活動。

<文化事業を始めませんか。>
メセナ活動。そう聞けばほとんどの人は、大企業がたくさんのお金を使って芸術・文化を支援する活動、と思うでしょう。事実、そうした活動には莫大な資金が必要です。では、そうした資金がなければ、芸術や文化を支援することができないのでしょうか。答えは、ノー!です。わざわざ劇場や大ホールを借りて、有名なアーティストを呼ばなくてもできるメセナ活動が、あるのです。

若い、才能あるアーティストは、自らが発表できる場ならどこでも、劇場や美術館にしてしまうチカラさえ持ち合わせています。しかし、裏を返せば、若く才能あるアーティストも、資金がなければ発表の場さえ得られない、という現実があるのです。ホールや展示場を借りるには高額な使用料が必要で、入場料収入があったとしても、その場へ使用料を支払ってしまうと、次の創作資金へ回すことさえできない。というより、使用料さえまかなえないケースが少なくありません。「アーティストはハングリーであれ」という言葉を否定するつもりはありません。でも、ハングリーを強いるばかりか、活動の場、発表の機会まで奪ってしまっては、アーティストがアーティストでいられなくなってしまいます。

ここで提案するメセナ活動は、こうした若い才能あるアーティストが発表する場所を機会を与えること。その場所も、立派な劇場ではなく、あなたが持っているお店や工場、寮、保養所、お寺などの施設。つまり、すでにある施設を使い、サロンコンサートやダンスパフォーマンス、絵の展覧会、オブジェの展示、映画上映、ワークショップなどをしてはいかがですか、という提案です。

<大規模メセナにはない、オリジナリティ。>
たとえば、国立劇場を使った公演、近代美術館を使った展覧会、武道館を使ったコンサート…。これらの文化事業は、お金さえ出せば誰でもできることかも知れません。しかし、ここで提案するメセナ活動は、あなたの会社や商店にしかできない、オリジナリティあるもの。それもそのはず、あなたが持っている施設を使って、その場所に合ったスタイルを考えながら、手づくりの公演や展示を行うからです。そこでしかできないこと、そこだからできることが、そこで実際に行われるのです。
少人数の前で行うことにも意義があります。「客が芸を育てる」と言われます。才能ある若手アーティストは自らの技量や新しい解釈として作品を発表することで客の反応を感じ取り、次の作品の創作に活かしていきます。逆に「芸が客を育てる」とも言われますが、アーティストと観客との間で交わされる発見や感動といった交流が、アーティストを育て、地域に文化を根づかせることになるのではないでしょうか。しかし、これが可能なのは、せいぜい200人規模の会場まで。それ以上になると、反応を感じ取れる広さではありません。お金を出す会社や商店にとっても、想定するターゲットから外れることにもつながり、地域密着の活動からも外れかねません。
地域がアーツを育て、アーツが地域を育てる…。地域に住む方々との交流や親睦が、あなたの商売の成長を支えたように。こうした相互の関係が大切であることは、あなたがこれまで商売を広めてきたなかで、幾度となく感じてきたことではないでしょうか。そんなあなたの経験や実感は、アーティストを「育てる」文化事業・メセナ活動になくてはならないもの、に違いありません。

<メセナ活動は商売に結びつくか?>
たとえ少額ではあっても、お金を持ち出す以上は、商売に何らかの利益をもたらさなければなりません。ダイレクトな収益があるかどうかは、実施する場所によって異なります。たとえば、レストランでコンサート付きランチを行えば集客につながる可能性はあります。ところが、ロビーに絵を展示しても利益を上げることはできません。
では、お金を出す会社や商店にとっての利益とは何か。それは、直接の利益ではありませんが、自らをPRできることです。
広告には、これまた莫大なお金がかかりますが、こうしたメセナ活動なら、限られた資金で実現が可能となります。しかも、若手アーティストを支援し、文化事業を行っている会社や商店として、一般の方々の脳裏に良いイメージを刷り込むことができます。
また、広告や広報は、「広告・広報」であって、「狭告・狭報」ではありません。つまり、広く伝えることを目的としているので、必ずしもターゲットにピンポイントで訴求できるものではないのです。その点でも、こうしたメセナ活動なら、会社や商店がある地域・顧客に密着した訴求が行えるので、費用対効果は計り知れないものがあります。
その場で直接収益に結びつかなくても、長い目で見れば、定期的に同一会場で公演などを開催することで、知名度を高め、観客というリピーターを獲得することが顧客(固定客)の増大につながる…。それが、ここで提案するメセナ活動。認知度は間違いなく高まり、お店や保養所などであれば稼働率もアップします。従業員の意識も、次第に大きく変わってくるに違いありません。

<なぜイベントではなくメセナなのか?>
イベントやセールスプロモーションは直接的・間接的に売上に結びつける活動です。広い意味では、メセナ活動もこうした活動に含まれるのかも知れません。しかし、メセナ活動では、支援する対象を才能ある若手アーティストに限定します。地域に優れた文化を発進することを第一の目的とし、会社や商店への利益はあくまでも間接的なもの、長期的なものと考えるようにします。
利益が間接的・長期的、あるいは希望的なものであっても、アーティストが育っていけば、会社や商店にとってのメリットは大きくなります。そこから育った、そこで育ててもらった、というプロフィールがアーティストに付いて回るからです。継続して行えば行うほど、プロフィールにおける意味合いも大きくなります。支援したという事実が、アーティストとともに一人歩きしていくのです。これも、イベントやセールスプロモーションとの決定的な違い。メセナ活動を行う意義といってもいいでしょう。

<提案するメセナ活動による収支見込みの例。>
収入)入場料、お店ならば飲食等の代金、宿泊施設ならば宿泊代金 など。
支出)アーティストのギャランティ、運営費(チラシ制作費、広報活動費、舞台等制作費)、原価・実費(飲食や宿泊などに関わる費用) など。

入場料の設定、ギャランティの交渉などには、収益を目的としたイベントプロモーターではなく、メセナ活動に理解と実績のあるプロデュース会社が必要となります。収入と支出のバランス・配分などは、プロデュース会社との交渉によって決められます。

<メセナ活動のサポートに実績あるカノン工房がプロデュース。>
最小限の出費で行うメセナ活動。それにはちょっとしたノウハウが必要です。カノン工房は、企業メセナ活動や公共施設での文化事業のサポートに実績あるプロデュースカンパニーです。いわゆる大掛かりなメセナ活動の良いところと悪いところを知り尽くしています。そのエキスを、ここで紹介するメセナ活動に活用します。
また、インターネット上で公演情報HP「アーツカレンダー」(2021年現在、閉鎖しております) を自ら運営(編集・発信)しているので、芸術や公演に高い意識を持つ人たちを中心とする広報活動が可能。チラシやポスター、プログラムなども自ら制作・配付することで、地域を絞り込んだ広報活動も可能です。さらに、同時にいくつかのメセナ活動を企画・プロデュースしていくので、あなたの会社や商店がこうしたメセナ活動を行っていることが、他のメセナ活動による広報媒体にも掲載されます。
こうしたメセナ活動の実施にあたっては、最小限とは言えお金のからむ問題ですから、企画の段階からいろいろと相談しながら進めていく必要があります。こうした活動の主旨に賛同いただき、いくらかでも興味を持たれましたら、なんなりとお問い合わせください。

<会場スペースがなくてもできます。>
ここまで提案してきたのは、自らのお店や工場、寮、保養所などを使って行うメセナ活動。しかし、そうしたスペースを持っていなくても、同様なメセナ活動を行うことは可能です。
たとえば、老人ホーム、駅構内、スーパー、公共施設などのロビー…。会場には、こうした無料で提供してくれるスペースを利用。あなたの会社や商店が主催(あるいは、後援、協賛、広告掲載など)することによって、才能ある若手アーティストに発表の場を与えることができます。これも、ひとつのメセナ活動。もちろん、公演チラシやプログラム、前出のHP「アーツカレンダー」など公演を告知するすべての媒体に、あなたの会社や商店が主催(あるいは、後援、協賛、広告掲載など)していることが掲載されます。

※アーツとは、Arts=演劇、パフォーマンス、ダンス、音楽、美術などの総称として使っています。

【追伸】
「老人ホーム アーツ・プロジェクト」支援のお願い
最近、高齢者に対する福祉や介護の問題などが大きく扱われている紙・誌面を見かけることが多くなりましたが、老人ホームでも深刻な事態を迎えています。それは行政からの補助金のカットです。不況下における緊縮予算の影響をもろに受けた形ですが、この補助金カットが、民謡教室や陶芸教室などいわゆる「目的のある時間」の開催を困難にしています。お年寄りによる、お年寄りのための教室。時間と体力、玄人はだしの趣味をもつ、お年寄りや主婦の方たちによるボランティアでの運営を余儀なくされている現状で、はたして良いのでしょうか。
お年寄りを保護し慈しみながらも、いきがいや意欲、情熱といった感情を奮い起こさせて目標ややりがいを提示してあげること。お年寄りに「元気の素を届ける」ことも福祉ではないでしょうか。
そこで、従来行なわれてきた高齢者向けプログラムをさらに発展させ、伸び盛りの若手アーティスト(音楽家や陶芸家、美術家など)が老人ホームを発表の場として活用。利用者のお孫さんたちや地域の住民の人たちにも、美術展を見にきてもらったり、コンサートを一緒に聴いてもらうという企画。たとえば、美術の制作過程を公開し美術家とお年寄りが一緒になって創作する、音楽家とお年寄りが一緒に作曲したり演奏したり…。いわば老人参加型の作品づくりを行ない、子供たちに見てもらうスタイル。ぜひ実現したいプログラムのひとつです。
老若男女別なく、アーツを介して交流する場が生み出す、豊かな時間。こうしたアーツ・プロジェクトの実施が、お年寄りにはいきがいや新鮮な感動、喜び、楽しい会話を、若手アーティストには、既存のホールなどでは味わえない新たな刺激をもらたし、明日への希望を育むこととなるでしょう。さらに、観客として参加する若者や地元の人たちには高齢化社会が直面しているさまざまな問題を自身の問題として受け止める良い機会となるに違いありません。
このアーツ・プロジェクトの運営費は、企業・財団・個人の方々からのカンパあるいは公演チラシへの広告出稿・媒体費などで賄いたいと考えています。ご支援いただける方々は高齢者問題を真剣に考え、老人福祉に寄与し、さらには若手アーティストに発表の場を創り出し芸術育成を支援するメセナ企業・団体・個人として高く評価されることと確信します。