2/25「橋本晋哉チューバリサイタル5」ティアラこうとう小

「橋本晋哉チューバリサイタル5」

演奏/橋本晋哉(チューバ)、藤田朗子(ピアノ)
ゲスト/松岡麻衣子(ヴァイオリン)

会場/江東公会堂 ティアラこうとう小ホール

1330 開場
1400 開演
プログラム:
M1 レナード・バーンスタイン 《ミッピーIII世のためのワルツ》(1948)
M2 モートン・フェルドマン《持続III》 (1961) (ゲスト:松岡麻衣子)
M3 アレック・ワイルダー《ソナタ第2番》 (1975)
M4 辻田絢菜《Collectionism XIV / Mimic》 (2021)
M5 中川俊郎 《トワイライト・ミッドナイト・セレナーデ》(2023)
M6 稲森安太己《トラペゾヘドロン》 (2024)

1540 終演予定

チケット
●前売り 一般早売り(1/25まで) 2,000 円  一般3,000 円 学生1,000 円
●当日券:3,500 円
https://tiget.net/events/267662

主催/哉企画(橋本晋哉)

舞台袖でお待ちしております!

2/10(土)-11(日) 加藤訓子+中村恩恵、新作ミュージックシアター「プサッファ」横浜赤レンガ倉庫1号館

https://www.facebook.com/stories/1959924650717544/UzpfSVNDOjM5MTczNDY2NjcyMTMyMQ==?view_single=false

本公演は加藤さんの演奏と中村さんの踊りに加え、舞台美術としてジョーゼットをあしらい、サウンドクリエイター寒河江さん作の映像と岩品さんプランの照明が織り成す空間芸術も同時にご堪能いただける、緻密に構成されたミュージックシアターと成っています!
お待ちしております!

ミュージックシアター PSAPPHA
加藤訓子+中村恩恵、新作ミュージックシアター「プサッファ」

【プログラム】音楽:ヤニス・クセナキス MUSIC BY IANNIS XENAKIS
ルボン a.b. – REBONDS, A. B.
響・花・間 – HIBIKI・HANA・MA
プサッファ – PSAPPHA

【出演】
加藤訓子・パーカッション
中村恩恵・ダンス / 振付

<みどころ>
ヤニス・クセナキスの初期打楽器ソロ作品として世界的に余りにも有名な ‘PSAPPHA’ 。クセナキスがタイトルとなる題材を作品に反映したかどうかは分からないが、曲名「プサッファ」は、古代ギリシャの幻の詩人「サッフォー」のことである。サッフォーは、古代ギリシャ詩人で、紀元前七世紀にレスボス島で生まれ、アエオリア方言で詩を書いた。
作品は、女性的な視点から生まれ、女性の感情や経験を詠みながら、女性自らの声を持ち、表現するための先駆的な取り組みであったことが今日において高く評価されている。女性の権利と平等への理解を広める一環とも言え、その影響は後の時代にも続き、女性の文学的な発声が重要視されるようにもなった。
クセナキスの音楽をキャンバスにして、稀代のダンサー中村恩恵がどのような絵画を描き出すだろうか?
彼女の優雅な動きが、 古代と現代、数学と詩の対話を象徴し、神話的旋律の世界へと誘う。 ー加藤訓子

<会場>横浜赤レンガ倉庫1号館
横浜市中区新港1-1-1
https://akarenga.yafjp.org/access/

<開演>
2/10(土) 開場: 16:30 / 開始: 17:00
2/11(日) 開場: 12:30 / 開始: 13:00
2/11(日) 開場: 16:30 / 開始: 17:00

<チケット>
https://teket.jp/314/30112
自由席一般/6000円  U25/4000円  ミュージシャン・ダンサー割/4000円

※連絡事項
ミュージシャン・ダンサー割をご購入の際は、来場者名(芸名可)とメールアドレスを購入時にご登録お願いいたします。

<主催・お問い合わせ先>
芸術文化ワークス事務局
tel. 080.5075.5038
email. info@npo-artsworks.org

3/3(日)14時開演 浦壁信二ピアノリサイタル

浦壁信二ピアノリサイタル

第一部
シューベルト=リスト :春の信仰
シューベルト :さすらい人幻想曲 Op.15

第二部
ラヴェル :水の戯れ
クープラン :神秘的なバリケード(クラヴサン曲集第2巻第6組曲から)
ラモ :鳥のさえずり(クラヴサン曲集第2組曲から)
メシアン :キガシラコウライウグイス(鳥のカタログ第1巻から)
平井正志 :陽光に霞む 暁光に映える(梢 -3つの素描- から)
レスピーギ :グレゴリオ聖歌による3つの前奏曲から第1曲
南聡 :首飾り《間ー用語(禁止)》ピアノソナタ第4番 Op.37から
リゲティ :ワルシャワの秋(ピアノの為の練習曲集第1巻から)
ベリオ :水の鍵盤(6 つのアンコール集から)
カプースチン :フィナーレ(演奏会用練習曲集Op.40から)
ドビュッシー :月の光

※事前の予告なく、プログラムが変更の可能性がございます。予めご了承ください。

2024年3月3日[日]14:00開演(13:30開場)

会場/トッパンホール  www.toppanhall.com

チケット/一般5000円 学生2500円
チケット取り扱い/ART PLACE実行委員会 piano20201010@gmail.com
※メールでのお申し込みの際は、お名前とご希望枚数をお知らせください。
トッパンホールチケットセンター 03-5840-2222(土日祝休)

ステージマネジメント/長谷川啓
主催/ART PLACE実行委員会 090-8017-1639
後援/一般財団法人ヤマハ音楽振興会
一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)

【プロフィール 浦壁信二】
ヤマハ音楽教室にて音楽を学び始める。1981年JOCに参加し国連総会で自作曲をロストロポーヴィッチ指揮ワシントンナショナル交響楽団と共演。都立芸術高校音楽科在籍中に、1987年パリ国立高等音楽院へ留学し、伴奏をジャン・ケルネルに師事。和声・フーガ・伴奏科で1等賞、対位法で2等賞を得る。ピアノをテオドール・バラスキヴェスコに師事。1994年オルレアン20世紀音楽ピアノコンクールで特別賞ブランシュ・セルヴァを得て優勝。現在はヨーロッパから日本へと拠点を移し、国内外のアーティストとの共演を重ねながら、洗足学園音楽大学客員教授、ヤマハマスタークラス講師として後進の育成にもあたっている。