田中靖人サクソフォン・リサイタル

田中靖人サクソフォン・リサイタル

田中靖人とクリスマス サックス パーティ

1224tanaka.jpg

サクソフォン/田中靖人
ピアノ/浦壁信二

<プログラム>
A.バッツィーニ(長生淳/編曲) 「要請の踊りop.25」
P.サラサーテ(長生淳/編曲) 「ツィゴイネルワイゼンop.20」
G.ビゼー 「アルルの女」より間奏曲
G.ビゼー(ボルヌ、I.ロート&R.メイラン/編曲) 「カルメン・ファンタジー」
G.ガーシュイン(真島俊夫/編曲) 「アルルの女」より間奏曲
E.モリコーネ(真島俊夫/編曲) 「モリコーネ・パラダイス」
山下康介 「エターナル・ストーリー」(田中靖人との共演コーナー)
G.ガーシュイン(長生淳/編曲) 「ガーニッシュ・ウインド」

開演■2012年12月24日(月祝) 13時・・・開場12時30分
全席指定■ コンサートチケットのみ4000円  (当日券4500円)
コンサートチケット&パーティ参加券7500円  (当日券8000円)
※コンサートチケット&パーティ参加券はカノン工房のみの取り扱いとなります。

※打ち上げパーティ 16時開宴 ハートフルカフェ(トッパンホール2階)に変更になりました←レストラン「LA STELLA」

tanaka_ura.jpg

●「エターナル・ストーリー」共演者(トランペッター)決定!!

「エターナル・ストーリー」の共演者は、14歳の中学生に決まりました!
(以下、EMIミュージック・ジャパン公式サイトより転載)
大林信彦監督映画やドラマ「花より男子」などで活躍する人気作曲家山下康介氏が、この夏、いよいよ日本デューを果たすノルウェー出身天才美人トランペッター、ティーネと田中靖人氏のために書き下ろした、トランペットとテナーサックスのためのデュオ作品「エターナル・ストーリー」がテレビ東京系「美の巨人たち」のエンディングテーマに決定!

12月24日に行われる、田中靖人氏のリサイタルでは、このデュエットのトランペット奏者を公募し、舞台での共演も実施します!

応募締切/10月31日必着
応募先/ EMIミュージック・ジャパン

EMIミュージック・ジャパン公式サイト
http://www.emimusic.jp/artist/y-tanaka/

トランペッター、ティーネ(ティーネ・ティング・ヘルセット)公式サイト
http://www.emimusic.jp/artist/tine/

テレビ東京系「美の巨人たち」公式サイト
http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/

楽譜は、東京ハッスルコピーでお買い求めいただけます。
http://www.hustlecopy-store.com/user_data/eternal.php

会場/トッパンホール tel:03-5840-2200
http://www.toppanhall.com
〒112-0005 東京都文京区水道1-3-3

主催/Yasuto Dream Project
協賛/ヤマハ株式会社 株式会社EMIミュージック・ジャパン 株式会社ダイニングアドヴァンスデベロップメント
後援/全日本吹奏楽連盟 日本サクソフォーン協会

お問い合わせ/カノン工房

<プロフィール>

田中靖人(タナカ ヤスト)

1964年5月13日和歌山県和歌山市に生まれる。国立音楽大学在学中、第4回の日本管打楽器コンクール・サクソフォン部門で第1位を獲得し、鮮やかにデビュー。
その音楽性は「内的な詩を持つ大器」と絶賛され、サクソフォンの父ともいえる名演奏家マルセル・ミュールをも唸らせた。
国立音楽大学を矢田部賞を受賞して卒業後は、高度なテクニックと個性的かつヒューマンな音楽性をソリストとして遺憾なく発揮。数々のリサイタルを聴衆の圧倒的な支持を得て成功させ、1991年には「管打楽器ソロ名曲集・サクソフォーン」でCDデビュー。
1995年「ラプソディー」、1997年「サクソフォビア」をEMIミュージック・ジャパンより、03年「ガーシュインカクテル」を佼成出版社よりリリース。同年、和歌山県より「きのくに芸術新人賞」を受賞。2012年「モリコーネ・パラダイス」をEMIミュージック・ジャパンよりリリース。
一方、室内楽のジャンルではサクソフォン四重奏団[トルヴェール・クヮルテット]で活躍。92年の東京国際音楽コンクールで第2位を獲得した同団体は、サントリー大ホールで のリサイタルを成功させ、また、2001年には文化庁芸術祭レコード部門大賞受賞。クラシックの狭い思考にとらわれないCDを制作するなど、幅広い活動で大きな注目を集めている。サクソフォンを大室勇一氏に師事。
現在、愛知県立芸術大学講師、昭和音楽大学および同短期大学講師として後進の指導にもあたっている。東京佼成ウインドオーケストラ コンサートマスター。公式サイト http://emij.jp/y-tanaka

浦壁信二(ウラカベ シンジ)

1969年生まれ。4歳からヤマハ音楽教室に入会。’81年のJOC(ジュニアオリジナルコンサート)国連コンサートに参加、ロストロポーヴィッチ指揮ワシントン・ナショナル交響楽団と自作曲を共演、その他にも各地で自作曲を多数のオーケストラと共演。
1985年都立芸術高校音楽科、作曲科に入学。
1987年渡仏しパリ・コンセルヴァトワールに入学、ジャニィヌ・リュエフ、ベルナール・ドゥ・クレピィ、ジャン・ケルネル、ミシェル・メルレの各氏に師事。和声、フーガ、伴奏で1等賞、対位法で2等賞を得る。
ピアノをテオドール・パラスキヴェスコに師事。その他ヴェラ・ゴルノスタエヴァ、イェルク・デームス両氏等のマスタークラスに参加。
1994年オルレアン20世紀音楽ピアノコンクールで特別賞“ブランシュ・セルヴァ”を得て優勝、ヨーロッパ各地でリサイタルを行う。
1996年2月フランスでCD「スクリャービン、ピアノ曲集」をリリース、ル・モンド・ドゥ・ラ・ミュージック、チューン各紙で好評を得る。
1995~’03年にはヤマハマスタークラスで講師を勤め、後進の指導に当たる。
2003年アウローラ・クラシカルからCD「ペトルーシュカ」をリリース。
2007年トッパンホールで「20世紀のスタンダードから」と題してリサイタルを開催。
室内楽や、とりわけ伴奏の分野でも活躍、数多くの国内外のアーティストとの共演を果たし信頼を得ている。
2010年にはEIT(アンサンブル・インタラクティヴ・トウキョウ)のスロヴェニア、クロアチア公演に参加。
NHK-FM「名曲リサイタル」や「名曲アルバム」を始め、TV、ラジオにも多数出演。
他方、アレンジ等も多く手がけている。
2012年4月、3作目のCD「水の戯れ~ラヴェル:ピアノ作品全集 I」をリリース。

Call

Send SMS

Add to Skype

You’ll need Skype CreditFree via Skype


音楽家・芸術家が芸術活動に集中できるようサポート




加藤訓子BACHカテドラルツアー2017
6月10日~10月27日(日本&世界ツアー)
加藤訓子「バッハを弾く。」



[リンクのページ]

[終演のお礼](公演実績)



コンサートマネジメント会社カノン工房とは・・・

コンサートホールおよび劇場運営業務に関するご提案など

ホール運営などに関するお問合わせもぜひ・・・。

  • お問合せ